海外ブランドのスピーカーキットでスピーカーを自作するなら横浜ベイサイドネットへ

海外ブランドのスピーカーキットでスピーカーを自作するなら横浜ベイサイドネット
BSN オリジナル Wavecor 2Way キット(ペア)※『stereo』2023年8月号で紹介画像
BSN オリジナル Wavecor 2Way キット(ペア)※『stereo』2023年8月号で紹介画像
BSN オリジナル Wavecor 2Way キット(ペア)※『stereo』2023年8月号で紹介画像
BSN オリジナル Wavecor 2Way キット(ペア)※『stereo』2023年8月号で紹介画像
BSN オリジナル Wavecor 2Way キット(ペア)※『stereo』2023年8月号で紹介画像
BSN オリジナル Wavecor 2Way キット(ペア)※『stereo』2023年8月号で紹介画像
BSN オリジナル Wavecor 2Way キット(ペア)※『stereo』2023年8月号で紹介画像
BSN オリジナル Wavecor 2Way キット(ペア)※『stereo』2023年8月号で紹介画像
BSN オリジナル Wavecor 2Way キット(ペア)※『stereo』2023年8月号で紹介画像
BSN オリジナル Wavecor 2Way キット(ペア)※『stereo』2023年8月号で紹介画像
BSN オリジナル Wavecor 2Way キット(ペア)※『stereo』2023年8月号で紹介画像
BSN オリジナル Wavecor 2Way キット(ペア)※『stereo』2023年8月号で紹介画像
BSN オリジナル Wavecor 2Way キット(ペア)※『stereo』2023年8月号で紹介画像
BSN オリジナル Wavecor 2Way キット(ペア)※『stereo』2023年8月号で紹介画像
BSN オリジナル Wavecor 2Way キット(ペア)※『stereo』2023年8月号で紹介画像
BSN オリジナル Wavecor 2Way キット(ペア)※『stereo』2023年8月号で紹介画像
BSN オリジナル Wavecor 2Way キット(ペア)※『stereo』2023年8月号で紹介画像

【BSN オリジナル Wavecor 2Wayキット】の特徴

  • シンプルで作りやすい12cmウーファーを採用したコンパクトな2Wayシステム
  • オーソドックスな、円柱パイプによるバスレフ方式
  • ボックスの組み立ての一部に『切り欠き』継ぎを採用
  • ネットワークはシンプルで作りやすく音の良い『1次(6dB/oct)』方式を採用
  • スピーカーユニットに、オーソドックスな『Wavecor』を採用
  • ウーファー:「タンケード」デザインが特徴の「WF120BD09」を採用
  • ツイーター:ソフトドームの「TW022WA09」を採用
  • ネットワーク:部品には、オーソドックスな『Dayton Audio』を採用
  • ネットワークボード:Baysidenet オリジナル  ガラ・エポ基板(6dB用)を採用
  • ターミナルプレートには「ステンレスプレート」を採用
  • 吸音材:『コスモプロジェクト』のサーモウールを採用
  • ボックスの仕上げ用に、BSNオリジナルのサンドペーパー・ホルダー付属

【BSN オリジナル Wavecor 2Wayキット】のアドバンテージ

この『BSN オリジナル Wavecor 2Wayキット』は、シンプルで、比較的小型のボックスキットで、組み立てやすくする工夫もしていますので、『DIY自作スピーカー』初心者の方にも、また、『DIY自作スピーカー』のベテランでも、『ネットワーク』初心者の方には、お勧めのキットとなっています。

スピーカー初心者向けのアドバンテージ

 当ショップのボックスキットは、基本的に、「CNCルーター」と言うコンピューター制御の装置を使って、正確な穴開けがなされているため、スピーカーユニットやボルトナットなどが、誰でも、簡単に正確に、取り付けられるようになっているので、『DIY自作スピーカー』初心者の方にもお勧めできるのです。

ネットワーク初心者向けのアドバンテージ

 当ショップのネットワークボードは、シンプルでコンパクトに作られていて、ネットワーク初心者の方や、はんだ付け初心者の方にも、簡単に、ネットワークを組み立てることが出来るような工夫がしてあります。

 ネットワーク基板上には、使用するネットワーク部品を正しく配置できるように配置図が描かれているため、ネットワーク初心者の方にもお勧めできるのです。

超コストパフォーマンスによるアドバンテージ

 このBSN オリジナル Wavecor 2Wayキットは、価格を抑えるために、『留め継ぎ』や『蟻継ぎ』などの高級な継ぎ手は止めたり、高級なネットワーク部品は使わず、『Dayton Audio』製の標準品を使用していますが、その結果、『安かろう、悪かろう』となっては、意味が無いので、肝心のユニットは、『Wavecor』の中でも、上級クラスの製品を使用し、この価格からは想像できない程の『サウンド クオリティー』の高さに、驚かされることになると思います。


【組み立てサポートオプション】をご要望にお応えして追加しました。
ボックス組み立て、ネットワーク実装で完成まで代行してお届けします。
オプションで選択してください。
(組み立てオプションは、通常納期に約10日追加になります。)


BSN オリジナル Wavecor 2Way キット(ペア)※『stereo』2023年8月号で紹介

商品説明
BSN オリジナル Wavecor 2Way キット(ペア)
 
『STEREO』誌8月号に対応した「BSN オリジナル スピーカー・キット」今年は『2Wayに挑む』と言うテーマに合わせて『2Way初心者のための、小型で作りやすく、しかも、音の良い2Wayキットを発売いたします。
 そのコンセプトは、全てが『シンプル』にと言うことで、スピーカーボックスは、最もオーソドックスな「バスレフ」方式とし、2Wayネットワークは、これも『シンプル』な、「一次(6dB/oct)」のネットワークを採用しています。
 肝心のユニットには、小さくて作りやすさを追求しながらも、そこそこ低音のでる12cmウーファーの中から、『シンプル』『オーソドックス』な、ペーパー系のコーン紙を備えた『Wavecor』「WF120BD09」を採用しましたが、勿論『音の良さ』も、考慮したためです。
 ツィーターには、25mmではなく、その下のサイズの22mm口径のツィーター、同じ『Wavocor』の、『オーソドックス』なソフトドームの「TW022WA09」を組み合わせることによって、デザイン的にも、少し小ぶりの、コンパクトでスマートなデザインのシステムとしています。
 『タンケード』型のウーファーを採用したのも、よりスマートさを強調するためです。

 勿論、初心者の方にも手の届く『リーズナブル』な価格設定にも挑戦し『ベイサイドネット』『クオリティー』を下げることなく、思い切った価格を実現出来たと思っています。


『ベイサイドネット クオリティー』について

ボックス材料のクオリティー
 ベイサイドネットのスピーカーボックスの材質は、北海道産の『白樺の間伐材』を使用した『白樺合板』を採用しています。この硬くて粘る白樺の材質が、トランジェント特性の良い、立ち上がり・立下りの速い、スピード感の有る、クリアーでメリハリの有るサウンドを産み出していると言っても過言では有りません。
ボックス材料の選択をおろそかにしてはいけないのです。
スピーカー取り付けボルトのクオリティー
 ベイサイドネットのスピーカー・ユニットは、木ねじなどは一切使わず、全て『キャップスクリュー・ボルト』と、鬼目ナットを使用して、バッフルにしっかりと固定しています。
 『白樺合板』だろうとMDFだろうと、経年変化で板厚がやせて来ます。そのため、定期的にボルトの『増し締め』などが必要になりますが、木ねじなどは、何度も回すことが出来ませんし、締めすぎると『バカ』になってしまい、もう締めることが出来なくなってしまう危険性も有るのです。『木ネジよさらば!』
フロントバッフルのフラッシュ・マウントのクオリティー
 ベイサイドネットのスピーカーユニットは、フランジの厚み分を落し込むことによって、バッフル面と『ツライチ』にしています。
 その理由は、ウーファーなどの低域をカバーするユニットは、波長が長いので、ユニットの段差による音の回折などは起こりにくいのですが、波長の短いツィーターなどの場合は、そのフランジの厚みによる段差の影響で回折が起こり高域の音の広がりが不規則になるのです。
 勿論、それだけではなく、『DIY自作スピーカー』であっても、見た目は、プロ並みのスタイリッシュなデザインを採用しましょうと言う気持ちも有るのです。
バインディング・ポストのクオリティー
 ベイサイドネットは、2003年にオンラインショップ『横浜ベイサイドネット』をオープンして以来、一貫して、スピーカープラグは『バナナプラグ』を採用し、バインディングポストには、『バナナプラグ』に対応したターミナルを推奨してきました。
当時のスピーカーケーブルの端子は、ほとんどが「Yラグ端子」でしたので、『バナナプラグ』を採用してデビューした『横浜ベイサイドネット』『バナナプラグ』は音が悪いと、批判の的になりましたが、今では、『High-End』ブランドの多くも、『バナナプラグ』を採用しているようですね。
 勿論、今でも出回っている、一度挿しただけでつぶれてしまうような『粗悪』『バナナプラグのようなもの』は、決して使用してはいけません。

『STEREO』誌8月号での紹介記事

 今年も、『STEREO』誌上で、このキットの製作記事が掲載されましたので、ここに、一部分を載せておきました。
 このキットを作る際には、貴重な参考資料になると思いますので、このキットに挑戦しようと思われる方は、是非『STEREO』誌8月号を購入していただき、キット制作中は、常に側において置き、参考にしながら、作業を進めるようにすると、良いと思います。



メーカーBSN(Baysidenet) 横浜ベイサイドネット
ボックス形式円柱パイプによるバスレフ方式
ボックス容量約6.4リットル
ボックス材料フロント/リアバッフル:白樺(バーチ)合板15mm
トップ/ボトム/サイドパネル:白樺(バーチ)合板15mm
ボックス寸法16cm(W)x28cm(H)x19cm(D)
ネットワーク6dB/octネットワーク
ターミナルステンレスプレート・プレート+バインディングポストx2セット
吸音材サーモウール吸音材 25mm厚
ボルトナットセットM4-20mm ボルト、
鬼目ナット (M4)



 【【BSN オリジナル  Wavecor 2Wayキット】の納期について

 本キットの販売体制につきましては、以下のようなスケジュールに基づいて、納品することになります。

(1)予約販売期間の区分

  (a)7月31日(月)までのご注文

      この期間にご注文いただいた方には8月1日(火)からの発送となります。

      ご注文を頂いた方から順番にお届けします。

     → ご注文多数のため、初回出荷予定分完売。8/11以降の発送になります。


  (b)8月1日(火)から8月10日(木)のご注文

      この期間にご注文いただいた方には8月11日(金)から順次発送となります。

      (8月11日~8月20日の間に発送予定)


  (2024.3/19)現状では、4月上旬頃の発送予定です。


※お問合せへのフォローやキットの追加説明などを随時、ブログ『横浜ベイサイドスクエア』に掲載していますので、ご確認ください。


『横浜ベイサイドスクエア』はこちらから